日本語教育能力検定に合格するための秘訣【講座の受講が良い】

日本語教育能力検定に合格するための秘訣【講座の受講が良い】

レディ

対策講座を受講しよう

日本語教育能力検定は、独学でも勉強することは可能です。しかしながら、独学でやるとなると、理解できない部分があったとしても、自分の力で解決しなくてはいけません。解決するまでに時間を要しますので非効率的です。効率よく勉強するためには、その検定の試験対策をしてくれる講座に受講するのが合格への一番の近道です。疑問点があったとしても、講師にすぐに質問ができますので、スムーズに勉強ができるでしょう。

勉強道具

日本語教師になりたいならこの資格を取ったほうが有利

日本語教育能力検定は、日本語教育に関する知識を問われる検定です。そのため、この検定に合格できると、日本語教育に関して幅広い知識を持っていると認められたことになります。日本語教師を目指している場合、採用の条件として、この検定に合格していることが必要になることが多いです。日本語教師になるなら必須となる検定と言えるでしょう。

日本語教師と国語教師の違い

日本語教師

日本語以外の言語を母国語としている者に、日本語の教育をする職業です。小学校や中学校などと違い、生徒の年齢や日本語の習熟度がバラバラなのが特徴です。そのため、レベルに合わせて日本語教育をする必要があります。

国語教師

小学校や中学校、高校に通っている生徒に対して、国が定めた学習指導要領に基づき、文章の読み方や書き方、文法などを教える職業です。